妊娠中のスキンケア

いつもと違う?妊婦になると肌の状態が変わる?

乾燥の時期でもないのになんだか肌が乾燥する、肌のかさつきがいつもよりひどいかも?妊娠すると、肌の状態も不安定になるものなんです。特に妊娠初期は、赤ちゃんの成長もめまぐるしく非常に繊細な時期。さらにつわりも始まって精神的にも不安定になってくるので、肌の状態も不安定になってきます。
それは精神的や生活習慣的にことだけが原因ではなく、ホルモンの影響もとっても大きいのですね。妊娠をしていない通常のホルモンの周期だと、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが増えたり減ったりでバランスを保っていますが、妊娠を維持するためには常にプロゲステロンが分泌されている状態。このホルモンの作用で妊娠中はいつもより肌が荒れがちになっちゃうんですね。なので、今までどおりの化粧品やスキンケアより一歩進んだ妊婦に特化したスキンケアをすることが効果的なんです。


妊婦にいいスキンケアってどんなこと?

妊婦で抑えておきたいスキンケアのポイントは、妊娠中は敏感肌になりやすい、ということです。妊娠した途端にしみやそばかすができたり、ニキビができる人が多いんですね。これは、肌の状態が刺激に弱い敏感肌になっていることが一因。なので、まずは敏感肌向けの保湿化粧品を使うのがひとつポイント、なんです。

敏感肌に必要なスキンケアとは?

いきなり敏感肌になって、どうすればいいか分からない人もいるかもしれません。普通の理想的な状態に健康な肌というのは、外のほこりや太陽の光、紫外線などをある程度ブロックしてくれます。これは肌の表皮の一番上の部分である角層というところがブロックしてくれます。敏感肌というのは、特に肌の保湿能力が低下していて、角層の機能も落ちている状態です。なので、かなり大ざっぱにいえば、いつも以上に保湿にこだわることが敏感肌の1番シンプルな対策になるんです。
そのためにも敏感肌でも使える、保湿力が高い化粧水、美容液をせめて妊娠期間中だけでも使うのが妊娠中のスキンケアを乗り切る秘訣なんですね。

妊婦でも使える 敏感肌にいい保湿コスメ

実際に妊婦さんでも使っている敏感肌用の保湿化粧品がディセンシアから出ているアヤナスという保湿化粧品です。これは、敏感肌の人がこぞって使っている化粧品で、独自の化粧品の有効成分を使った肌のバリア機能を高める機能があります。
しっかりとコクの有るテクスチャで、敏感肌になりがちな妊婦さんに最適。「妊娠中に敏感になりがちな肌でもいつまでもキレイで若く有りたいを叶えてくれた」と使っている人もいますしね。保湿に加え、ハリやツヤ効果も期待ができるディセンシアのアヤナス。お得なトライアルセットは以下のリンクから確認してみて下さい。

■妊婦のスキンケア

妊娠すると急に肌が敏感になってしまって、今までのスキンケアではやっていけなくなる人がいます。妊娠すると今までホルモンのバランスが大きく乱れるので、体に色んな変化がやってきます。肌荒れだけではなくつわりや更年期障害のような症状も出てきますよね。ホルモンバランスが乱れるというのはもう少し具体的に言うと、エストロゲンとプロゲステロンのバランスですが、妊娠中は常にプロゲステロンが優勢の状態です。これは妊娠を維持するためのホルモンなので、妊婦は常にプロゲステロンが過剰に出ています。プロゲステロンは作用として、メラノサイトを活性化させたり、皮脂分泌を促したりと大雑把に言えば、排出する方向に向います。メラノサイトが活性化するとメラニンができて、シミ・ソバカスが出ます。それが肌がくすんだ印象になるかもしれません。また、皮脂分泌があるとニキビにもなりやすいし、刺激に敏感にもなります。今までは大丈夫だった基礎化粧品も敏感肌には刺激になることも。敏感肌用のスキンケアコスメを使うのもいいでしょう。
また、妊婦というと酸っぱいものを好むイメージもありますが、最近意外に多いのは、からあげ、ポテトチップス、ハンバーガーなど味の濃いジャンキーなフードが食べたくなる人が多いということです。いつもは食事に気を使って、オーガニック系〜なんて女性が、いきなりジャンクフードに走るのは妊婦の不可思議な点。ジャンクフードは美容にいいわけないですよね。食べないよりはマシかもしれませんが、肌にはよくないので、これも肌が荒れやすい原因といえるかもしれません。まとめると、ホルモンバランスが乱れ、新しい命を宿しているという普通ではない状態なので、スキンケアも今まで通りにいかないのは当然。妊婦といってもやはり女子だから、キレイにしておきたいですよね。情緒不安定にもなりやすいし、妊婦さんだからこそスキンケアもしっかりやってキレイで自信を持ってマタニティライフ楽しみたいものです♪


このページの先頭へ戻る